2012年10月より、富士通のパソコンに内蔵されているゲームのソフトウェア「GAMEPACK」のインターネット配信が開始されました。また、同時に「GAMEPACK Legend Vol.1」の配信も始まったことにより、両方のソフトウェアをダウンロードすれば、同シリーズの看板ゲーム「ラミィの大冒険」と「ラミィの大冒険Ⅱ」の両方が1つのパソコンでプレイすることができるようになります。大冒険Ⅱはやったことがあるけど、大冒険はないという方が多いように感じます。違いを理解するには実際にやっていただくのが一番いいですが、このソフトの購入を考えていらっしゃる方のために2つの違いを説明したいと思います。

ストーリーの違い

ラミィの大冒険:ラミィはとっても元気でオテンバな女の子。彼女は世界中の洞窟に眠っている宝物を捜して旅をするプロの『トレジャーハンター(初心者)』です。
ある時ラミィは、普通のトレジャーハンターが一生かけても探し出せない程、たくさんの財宝が隠されているという、『伝説の地下洞窟』のヒミツ地図を手に入れました。
ラミィは、その『伝説の地下洞窟』まで、意気揚揚と冒険に出発したのです。
しかし旅の途中でラミィは、ライバルのトレジャーハンターであるリリスに、大切なヒミツ地図を盗まれてしまいました。
リリスを追って、あわてて危険な洞窟に入ったラミィは、無事に財宝を手に入れられるのでしょうか?

ラミィの大冒険Ⅱ前回の冒険(ラミィの大冒険のこと)の後、仲良しになったラミィとリリス。二人は新たな冒険を求めて南の島へやってきました。ところが、冒険の途中でリリスがモンスターにさらわれてしまいます。ラミィはリリスを無事に助けることができるのでしょうか!?

 

各ゲームのヘルプページの抜粋です。大冒険のほうはまだリリスがラミィのライバルだった頃の話であることが分かります。こちらはセーブデータを選択するといきなりゲームが始まるので、何のために戦っているのかが理解し難いと感じているという方がいらっしゃるのではないでしょうか。大冒険Ⅱのほうは映像が流れますが、リリスをさらったのは恐竜でしたね。最終的にこの恐竜を倒せばクリアとなります。なお、大冒険のほうのあらすじについて、深く掘り下げた小説ストーリーを見つけましたので、リンクを貼っておきます。こちらからお進みください。

セーブデータの違い

ラミィの大冒険:クリアした際は当時のレベルのみ記録、敵に倒されゲームオーバーになった際は倒された階、敵、当時のレベルを記録

ラミィの大冒険Ⅱ:クリアした際は当時の経過ターン、倒した敵数、レベルを記録、敵に倒されゲームオーバーになった際は倒された階、敵、当時の経過ターン、倒した敵数、レベルを記録

 

これらの2つの最大の違いは経過ターンと倒した敵数の記録の有無です。これがあることにより、大冒険Ⅱのほうは少ない経過ターン数でリリスを救出できるかを試され、大冒険より複雑な戦術を練るなど、ゲームが面白くなります。また、倒した敵数も、ラミィのレベルを考える目安にすることができます。

敵キャラクターの違い

大冒険・大冒険Ⅱに登場する敵はそれぞれ11種類となっています。2つのシリーズで全く異なる敵が登場するわけではなく、例えば、体の色と模様が僅かに異なる「ワーミー(大冒険)」と「アロハワーミー(大冒険Ⅱ)」、体の色以外は全く同じ特徴を持つデススカルなど、大冒険に登場する敵と近い遺伝子を持つ敵が大冒険Ⅱに登場することもあります。

地上/ビーチ

ラミィの大冒険:カボッチャマ、ワーミー

ラミィの大冒険Ⅱ:ハマチョッキン、オクテパス

 

大冒険ではカボッチャマ、大冒険Ⅱではハマチョッキンがレベル1でも一撃で倒せます。ドラゴンクエストでいうスライムです。ワーミーやオクテパスはレベルを上げる、または強い剣を装備したり、勇気の経典を読んでパワー(攻撃力)を上げるなどすれば倒しやすくなります。また、大冒険Ⅱのビーチには海岸があり、そこまで行けばオクテパスと戦えます。

地下1~4階/遺跡

ラミィの大冒険:カボッチャマ、ワーミー、チョッパーウッド、プチデビル、マンドラゴラ、デススカル

ラミィの大冒険Ⅱ:ハマチョッキン、オクテパス、アロハワーミー、オメン、コロバット、デススカル

 

 チョッパーウッドは大冒険で3番目に登場しますが、特殊攻撃をしないので、大冒険Ⅱでいうならオクテパスに近いです。しかし、攻撃力はアロハワーミー並みですので、装備している服の強さが弱いときは気をつけましょう。大冒険のプチデビルと大冒険Ⅱのオメンは奇声を発して剣を振れなくさせてしまいます。レベルが低い時は攻撃力が高く感じます。マンドラゴラは食虫植物、コロバットはコウモリの姿をしており、ラミィの血を吸って思い通りの方向へは動けなくさせます。デススカルは死神の姿で、呪文を唱えてラミィを眠らせます。

地下5~9階/鍾乳洞

ラミィの大冒険:マンドラゴラ、デススカル、ツノトカゲ、ケラックス、ムカデポイズン、エスカルゴン

ラミィの大冒険Ⅱ:コロバット、デススカル、イグアナゴン、プチデビル、アノマリン、ストーンヘッド

 

全体的には特殊攻撃がないぶん、攻撃力が高い敵ばかりなので、囲まれたりすると死の経典や恐怖の経典がないと目も当てられない状況になります。

地下10階/最後の洞窟

ラミィの大冒険:リリス

ラミィの大冒険Ⅱ:ティラノ

 

リリスとティラノは各ゲームにつき1体しか登場しません。両者の最大の違いは有効なアイテムです。リリスは眠って登場するうえ、普通の敵を倒すのと同じ要領で倒せますが、ティラノは下記のアイテムが無効となります。

使用アイテム
死の経典・恐怖の経典読むことができません。
テディ逃げ出して、ティラノはそれを追いかけません。
パイソン逃げ出して、攻撃しません。
疲労のカード・激痛のカード疲労は50、激痛は100のダメージを与えます。通常の半分です。
スイマのカード・ふらつきのカード・足止めのカード5ターンで効き目が無くなります。


大冒険Ⅱがプレイ可能なGAMEPACKのダウンロードはこちら、大冒険がプレイ可能なGAMEPACK Legend Vol.1のダウンロードはこちらよりどうぞ。


このノートのライターが設定した関連知恵ノート

  • ラミィの大冒険Ⅱ解説